So-net無料ブログ作成
検索選択

久しぶりに『若草の頃』を観てみた。 [映画]

12月ですね、今年のカレンダーもあと一枚で終了ですよ。
早いですね、ほんっとに早い。

今年は中盤以降、どうしようもないことが続いて身も心もボロボロなのですが
まぁそれはさておき。毎年12月になると観たくなる映画があるんですね。『ダイ・ハード』の1と2とか、『ホーム・アローン』とか『ジングル・オール・ザ・ウェイ』とかアニメ版の方の『グリンチ』とか。

そんな感じで季節のイベントごとに観たい映画は何本も出てくるのですが
今年は『若草の頃』のDVDを発掘したので(笑) 久しぶりに再生しました。

当時21才ですでに心が病んでたジュディ・ガーランドが一番輝いていた頃の一本。
本作で出会った監督ヴィンセント・ミネリ(そして生まれたのがライザだ)と結ばれたのも有名な話で、一番好きな娘を一番きれいにフィルムに焼き付けた記念すべき作品ともいえます。

セントルイス万博に浮かれる古き良きアメリカの平均的な(とはいえ島国日本の庶民とは比べ物にならないほど贅沢な暮らしなんだが)家族の歳時記を描いたメガ・ノスタルジックな作品といえばそれまでなんだが、
挿入される歌の数々が名曲ぞろい。
オスカーにノミネートされた「トロリー・ソング」「Boy Next Door」そして12月になると聞きたくなる「Have your self a Merry Little Christmas」の三曲は本作のために書かれたオリジナル。他にも『2つの頭脳を持つ男』でもスティーブ・マーティンとシシー・スペイセク(声だけ)がデュエットしてた「Under the Bamboo Tree」とか「Skip to my Lou」とか。何度聞いてもウキウキするんですね、これが。

本編を観ると「Have yourself‥」の使い方はあまり楽しい展開ではなくて、マーガレット・オブライエンが雪だるまを破壊しまくるという少々ワイルドな展開になるのですが、これは観たことない人のために詳細は伏せましょかね。

シンプルすぎて刺激のないストーリーの短所を見事にカバーする歌曲の数々に打ちのめされつつ、「Have your‥」が流れるころにはいつも寝てしまうんですが(笑)
気持ちよく眠れるんだ、これが。

さて、明日は何を観ようかな。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。